ドローン登録制度(事前登録申請)

ドローンの登録制度とは

近年、無人航空機(ドローン・ラジコン機など)の利活用が急増している一方、事故や、無許可で飛行させる事案が頻発しています。
このような状況を踏まえ、航空法改正に基づき登録制度が施行されます。
この法改正によって、2022年6月20日以降、無人航空機の登録が義務化され、登録されていない無人航空機を飛行させることはできなくなります。

屋外を飛行させる100g以上のすべてのドローン・ラジコン機が対象です。

2021年12月20日から事前登録が開始されています。

機体を登録し、国土交通省から発行される登録記号を機体に表示し、リモートID機能を搭載する必要があります。(ただし免除期間あり)
ドローンに個人情報を紐づけることで機体を識別し、管理することを目的としています。

機体登録の有効期間は3年間となっており、3年を過ぎると更新手続きが必要です。
事前登録を行っても登録期間が短くなることはありません。2022年6月20日からの三年間となります。

リモートIDとは

リモートIDとは登録制度によって付与されたドローンの登録番号(ID)を遠隔地においても識別できるようにするための仕組みです。

リモートID機器の搭載により飛行中であっても識別情報や位置情報を遠隔発信し登録されている機体か判別出来るようになります。

2022年6月20日以降は原則、全ての対象の無人航空機に搭載が必須です。
ただし、事前登録期間中(〜2022年6月19日)に登録すれば、有効期間である3年間はリモートIDの搭載が免除されます。

登録申請方法

登録申請方法は、オンライン・郵送などにより国土交通省へ申請します。

画像出典:国土交通省

登録費用

登録費用は申請方法により異なります。

画像出典:国土交通省

 

電話番号メール